HITODENASI-SANKA

websitebanner

 

ひろこの創作活動のあれやこれやを置いているサイトです。

本サイト内の画像などの無断での使用・転載・転用はご遠慮下さい。

お問い合わせはメールフォームからどうぞ。

 

HITODENASI-SANKA is portfolio site of HIROKO(165.).
All artworks and photos on this site are NOT allowed to be used without permission.
If you want to contact me, please use mail form.

event;

NEXT:

・2015年5月5日(火・祝)  COMITIA112【あ01a:ひとでなし讃歌】

・2015年8月30日(日)  COMITIA113【申込予定:ひとでなし讃歌】

・通販:とらのあな

LOG:COMITIA 102-108,110,111/C87

新刊

『創作漫画アンソロジー トランクひとつで』

ひとつのトランクと出会い別れる、創作漫画アンソロジー。
執筆者(敬称略・掲載順):西屋・900・椎・フィービー・前屋進・磐秋ハル・藤岡八房・ぴよ・ひろこ(主催)・斜田ゆい・松本真緒・ぱ(A5/192ページ/¥1,000)※通販→とらのあな告知サイト

  • 『創作漫画アンソロジー 心中』 COMITIA114発刊予定

既刊

『凡譚町のイロイロ』再録集&設定集

2013年発行の凡譚町シリーズ『乙女さんようこそ』・『凡譚町のひとびと』・無配ペーパー漫画をまとめた再録集と、描き下ろしのキャラクターイラスト設定集。(A5/再録集80ページ/設定集18ページ/2冊組¥1,000)

『創作漫画アンソロジー 偏食』

「偏食」を唯一共通のデーマとした、創作漫画アンソロジー。
執筆者(敬称略・掲載順):斜田ゆい・Shiroi・YT・ニシノヤ・汲田・フィービー・ひろこ(主催)・松本真緒・前屋進(A5/186ページ/¥1,000)※通販→とらのあな

『こわい探偵事務所』

いつものように目覚めた朝、太朗と吾子に舞い込んできた突然の依頼。友人の刑事甘利が、 警察でとりあわなかった嫌がらせ事案の被害者を依頼人として連れてきたのだが… 人外少女×おっさん本。(B5/44ページ/¥500/完売)

凡譚町シリーズ『凡譚町のひとびと』

山脈を越え、深い谷に掛かる大吊り橋を渡れば、凡譚町につく。昼となく夜となく、人やそうでないものが行き交う町に住むひとびと―― 町の番の一日、絡繰屋と乙女さん、薬師とその弟子、萬屋と先生の短編4本。(A5/36ページ/¥500/完売)

『Bungology 十七人の宮沢賢治』

ひとり一作品をモチーフに、ひとりの作家をみんなで表現しようという合同誌企画。 1冊目は宮沢賢治です。詳細&サンプルは公式サイトで。 主催:B・松下(前屋進)ひろこ(B5/146ページ/¥1,000) ※残部僅少・通販のみ

凡譚町シリーズ『乙女さんようこそ』

ある事情を抱え、ひとり凡譚町にやってきた少女アヤ。紹介先は町に住む口の悪い絡繰屋(からくりや)。 『凡譚町のひとびと』収録「絡繰屋の乙女さん」のふたりが出会った日の話。(A5/40ページ/¥500/完売)

連作短編集『あな!』

「あな」にまつわる、ちょっと変な人達の話。片付けられないたかこちゃん、ある理由で人と上手く話せない鳥谷くん、 あなは埋めずにいられない柘植さん、3人の連作短編集。(B5/40ページ/¥500/完売)

寄稿

『創作百合アンソロジーNalu』

執筆者それぞれの百合を表現するアンソロジー。長く発刊されているシリーズで、こちらは6冊目です。 10ページの短編「ごっこのふたり」を寄稿しています。 主催:城黒ゆーきさま(A5/152ページ/¥1,000) ※通販→とらのあなBOOTH

『スーツの殺し屋アンソロ UNDER LINE』

「スーツの殺し屋VS正装の殺人鬼」をテーマにしたコンセプトアンソロジー。 詳細は公式サイトで。 殺し屋”ラスカル”VSポールダンサーの、10ページの短編漫画を寄稿しています。 主催:磐秋ハルさま(A5/132ページ/¥900) ※通販→BOOTH

contact;

御用の方はこちらをご利用ください。

返信が必要な場合はメールアドレスの記入を必ずお願いします。

 

(必須)

(任意)

 ※返信必須の方はメールアドレスをご入力の上、チェックを入れてください

御用向きをどうぞ(必須)